スタッフ・キャスト

スタッフ・キャスト
■監督  齊藤潤一(さいとう・じゅんいち)
1967年生まれ。関西大学社会学部卒業、92年東海テレビ入社。営業部を経て報道部記者。愛知県警察キャップなどを経てニュースデスク。05年よりドキュメンタリー制作。これまでの発表作品は『重い扉〜名張毒ぶどう酒事件の45年』(06・ギャラクシー優秀賞)、『裁判長のお弁当』(08・ギャラクシー大賞)、『黒と白〜自白・名張毒ぶどう酒事件の闇〜』(08・日本民間放送連盟賞)、『光と影』(08・日本民間放送連盟賞最優秀賞)、『検事のふろしき』(09・ギャラクシー奨励賞)、『毒とひまわり〜名張毒ぶどう酒事件の半世紀〜』(10)など。
■プロデューサー  阿武野勝彦(あぶの・かつひこ)
1959年生まれ。同志社大学文学部卒業、81年東海テレビ入社。アナウンサーを経てドキュメンタリー制作。主なディレクター作品『ガウディへの旅』(90・日本民間放送連盟賞)、『はたらいてはたらいて〜小児科診療所と老人たち〜』(92・文化庁芸術作品賞)、『村と戦争』(95・放送文化基金賞)、『約束〜日本一のダムが奪うもの〜』(07・地方の時代映像祭グランプリ)。プロデュース作品『とうちゃんはエジソン』(03・ギャラクシー大賞)、『裁判長のお弁当』(08・同大賞)、『光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の300日〜』(08)など。個人賞に、放送人グランプリ(08)、日本記者クラブ賞(09)。
■音楽  村井秀清(むらい・しゅうせい)
作曲家、ピアニスト。
東京生まれ、横浜育ち。大学卒業後、バークリー音楽院に留学。93年帰国。
帰国後ピアノ・キーボード奏者として活動を開始。海外アーティストとの共演も多数。J-Jazzシーンの次世代を担う、人気アーティストの一人。
また、作曲家としてもTV・映画・CMなどで活躍。TV『世界ふれあい街歩き』やアニメーション映画『マイマイ新子と千年の魔法』などの音楽も手がけ、注目を集めている。
2010年11月、自身初のソロ・アルバム『In the air, In the water』をリリース。
■音楽プロデューサー  岡田こずえ(おかだ・こずえ)
映画『マルサの女』(伊丹十三監督)、『ガンヘッド』(原田眞人監督)、『バカヤロー!シリーズ』(森田芳光総指揮)などの音楽制作から、数多くの映画・TV・CM・舞台の音楽を制作。アニメーション映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』(細田守監督)なども手がけている。 また近年は、音楽制作のみならず、著作権・海外ライセンスなどにも詳しい音楽プロデューサーとして多様な形で作品作りに係わっている。
■撮影  村田敦崇(むらた・のぶたか)
1971生まれ。東京写真専門学校ビデオ科卒業、91年東海テレビプロダクション入社。ニュースカメラマンを経てドキュメンタリー担当。主な撮影作品は『恵みの海』(98)、『新空港がやってきた』(00)、『家族の選択〜子どもが不登校になったとき〜』(01)、『黒いダイヤ』(05・日本民間放送連盟賞)、『優しい橋〜寂しくなったら いりゃあせ〜』(06)。
■編集  山本哲二(やまもと・てつじ)
1966年生まれ。東京写真専門学校ビデオ科卒業、86年エキスプレス入社。ニュース、ドキュメンタリーの編集担当。主な作品は『村と戦争』(95)、『みんなの学校』(97)、『ぴあのぴあのぴあの』(03)、『福祉番長!』(04・ゆふいん文化記録映画祭観客賞)、『いくさのかけら』(05)、『約束』(07)、『光と影』(08)、『罪と罰』(09)、『南陽ウェディング』(09)など。
(C)東海テレビ