月別アーカイブ: 1月 2011

メディア情報 毎日新聞/愛知県版

1月30日(日)毎日新聞 愛知県版に 『平成ジレンマ』の名古屋シネマテークでの公開について 記事が出ました。記事はこちらでもお読み頂くことが出来ます。 http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110130ddlk23200129000c.html

名古屋シネマテークにて上映が始まりました

1/29(土)より、名古屋シネマテークにて、『平成ジレンマ』の上映が始まり、 数多くの方にご来場頂きました。ありがとうございました。 1/29は特別上映として『光と影 光市母子殺害事件 弁護士の300日』の上映と、 上映後に、齊藤潤一監督(写真中央)と阿武野勝彦プロデューサー(写真右)によるトークが行われました。 Q&A なぜ戸塚ヨットスクールを題材にしたのですか? 齊藤監督「私がまだ小さかった頃戸塚ヨットスクールは地獄のような存在で、悪い事をすると戸塚ヨットスクールへ入れるぞと言われていた世代でした。たまたま5年前に、日曜日だったんですが、その日は仕事で、 戸塚宏氏の記者会見の映像を見ていました。そしたら、戸塚氏は「明日からまた校長に復帰します」と言ったんです。 まだ、戸塚ヨットスクールあったんだ、それにまだこんなところへ子供を預ける親がいたということに驚きました。 私にも子供がいます。そういう中で親はどういう想いで子供を戸塚ヨットスクールへ 預けるんだろう。今のヨットスクールはどうなっているんだろう。 そういう興味が始まりで戸塚ヨットスクールを取材していくことに繋がっていきました。」

【メディア情報】読売新聞、朝日新聞、東京新聞

少し遅れてしまったのですが、先週から今週にかけて、 いくつかの新聞の中で、『平成ジレンマ』が紹介されました ●1/19(水)東京新聞朝刊 放送&芸能 石井彰さん「言いたい放談」のコラム “心揺さぶられた映画”の中で、紹介されました。 ●1/21(金)朝日新聞夕刊 映画のページの中の“多彩なドキュメンタリー公開ラッシュ” の中で、紹介されました。 ●1/25(火)読売新聞朝刊 中面にあるテレビ・ラジオ番組ページのコラムとして 編集委員 鈴木嘉一さんに「モニター」”地方発のテレビ番組が映画に”の中で 紹介されました。

名古屋シネマテーク 公開記念イベント

名古屋シネマテークでの『平成ジレンマ』公開記念イベントとして、 公開初日の1月29日(土)16:30〜 『光と影 〜光市母子殺害事件 弁護団の300日』(2008年)の 上映と、齊藤潤一監督と阿武野勝彦プロデューサーによるトークショーを行います。 『平成ジレンマ』公開記念イベント 日時:1月29日(土)16:30〜 会場:名古屋シネマテーク(地図などはこちら) 内容:『光と影 〜光市母子殺害事件 弁護団の300日』(2008年)の上映と 齊藤潤一監督と阿武野勝彦プロデューサーによるトーク 作品の詳細はこちら

平成ジレンマ公開記念 東海テレビドキュメンタリー<傑作選>開催!!

『平成ジレンマ』のルーツはここにあった!! 『平成ジレンマ』を生み出した東海テレビには、数多くのドキュメンタリーの傑作群がある。その中からギャラクシー賞大賞受賞作をはじめ、阿武野勝彦プロデューサー・齊藤潤一ディレクター作品を中心にセレクト。『平成ジレンマ』へと導いた「司法シリーズ」作品を始め、テーマは多岐にわたる。ドキュメンタリーの新たな地平を発見することになるだろう。 平成ジレンマ公開記念 東海テレビドキュメンタリー<傑作選> 日時:2月19日(土)〜25日(金) 14:40〜 入場料金1,000円(税込) 会場:ポレポレ東中野 企画:東海テレビ放送 企画協力:東風、ポレポレ東中野 2/19(土) 『光と影~光市母子殺害事件 弁護団の300日~』 2/20(日) 『罪と罰 娘を奪われた母 弟を失った兄 息子を殺された父』 2/21(月) 『村と戦争』 2/22(火) 『約束~日本一のダムが奪うもの~』 2/23(水) 『毒とひまわり~名張毒ぶどう酒事件の半世紀~』 2/24(木)『検事のふろしき』 2/25(金)『裁判長のお弁当』 詳しくはこちら

【イベント情報】2/4(金)『平成ジレンマ』公開前夜祭 開催決定!!

『平成ジレンマ』の劇場公開を記念して、ポレポレ東中野の1Fにあるポレポレ坐にて、 2/4(金)に前夜祭を開催します。『平成ジレンマ』へと通じる東海テレビドキュメンタリー 「司法シリーズ」の1本であり、ギャラクシー賞の大賞などを受賞した『裁判長のお弁当』の上映と、弁護士の田中早苗さん、放送作家の石井彰さんと翌日からの劇場公開を控える阿武野勝彦プロデューサーと齊藤潤一ディレクターをお招きして、「テレビと映画、ドキュメンタリーの境界線」と題してトークを行います。 『平成ジレンマ』公開前夜祭 上映『裁判長のお弁当』とトーク「テレビと映画、ドキュメンタリーの境界線」 2月4日(金) 18:30開場/19:00開演 会場:ポレポレ坐(東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル1階) 入場料金 1,500円(1ドリンク付き) (ゲスト)田中早苗さん(弁護士)、石井彰さん(放送作家)、阿武野勝彦さん、齊藤潤一さん お問い合わせ:東風 03-5155-4362 ※『裁判長のお弁当』の作品情報はこちら

【メディア情報】1/17(月)朝日新聞/asahi.com

1/17(月)朝日新聞のWEBサイトasahi.com「小原篤のアニマゲ丼」で、『平成ジレンマ』が紹介されました。 記事はこちらからお読み頂けます。 http://www.asahi.com/showbiz/column/animagedon/TKY201101160130.html

【メディア情報】1/17(月)東京新聞、中日新聞

1/17(月)東京新聞・朝刊「筆洗」、中日新聞・朝刊「中日春秋」で、『平成ジレンマ』が紹介されました。 記事はこちらからもお読みいただけます。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011011702000076.html

『平成ジレンマ』名古屋での記者会見

1月12日に行われました『平成ジレンマ』の名古屋での試写会後の 記者会見の様子が、 「モット映画」のHP上にアップされました。 阿武野勝彦プロデューサー、齊藤潤一監督が、 上映後に質問を受け、お応えしています。 http://pick.naver.jp/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%83%88%E6%98%A0%E7%94%BB/2129488531500100306

上智大学にて上映イベント行いました

本日1月14日に上智大学にて、 上智大学&東京大学ゼミ企画 パネルディスカッション 「徹底討論 ドキュメンタリー、その問題提起力」 ~映画『平成ジレンマ』上映をめぐって~が行われました。 『平成ジレンマ』の本編の上映と 齊藤潤一監督(東海テレビ/『平成ジレンマ』監督) 松原耕二さん(TBS報道局記者/「ニュース23 X(クロス)」メインキャスター) 大久保真紀さん(朝日新聞編集委員) 碓井広義さん(上智大学文学部新聞学科教授) 音好宏さん(上智大学文学部新聞学科教授) をお招きして、上智大学と東京大学の学生のみなさんと パネルディスカッションを行いました。 シネマトゥディにて本日の様子が紹介されています。 http://www.cinematoday.jp/page/N0029602